スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Trader Joe's ~西海岸のノリを全米に~

珈琲ファミリーにとってのPhiladelphia 3大スーパーの最後は、Trader Joe's

サイズ変更済みイメージ 1

Philadelphiaでは、Center Cityと郊外に1店舗ずつある。Center Cityの店(22 & Market)は、(店のある)街の北西部に住む人々から絶大な支持を受けている。

ここもWhole Foodsと同じくオーガニック・高品質志向ながら、値段は比較的安いということで、珈琲妻は週に1、2回買い物をしている。

何といってもこの店の特徴は、徹底したプライベートブランド戦略と、店員と店の作りが演出する、陽気で気さくな雰囲気

店内に一歩踏み入れば、そこには "Trader Joe's" のポップなマークが入った食料品、日用雑貨で溢れかえっている。冷凍食品、乳製品、パン、スナック、洗剤に珈琲フィルター(珈琲男は休みの日はこれを最低5枚は使う)。要するに、生鮮食品などを除き、おおよそパッケージできる殆ど全ての商品に "Trader Joe's" のマークが記されているという訳。

彼らのサイトにある記述によれば、中間業者を排してサプライヤーから可能な限り直接大量に買い付けることをポリシーとしているようだ。300店舗を越える全国展開をしているから、価格交渉力もそれなりにあるのだろう。一方で、基本的にWhole Foodsと同様オーガニック志向の店だから、商品毎の原材料や品質に関する基準は、かなり厳しく定めてあるに違いない。

(1)自社の基準に合うアイテムを見つけ出し、(2)直接かつ大量に買い付けることで低コストで仕入れ、(3)ブランド力のある "Trader Joe's" パッケージで顧客にアピールする、というのがこの店の基本戦略のようだ。

さらに、いかにも西海岸発の店らしく、ひたすら明るい雰囲気の店作り。内装そのものはごくシンプルながら(あくまでPhiladelphia店の話ですが)、どこかわくわくする雰囲気。全て統一されたポップ調の値段表示が、どこか日本のヴィレッジヴァンガードを思わせる。

店員はラフな格好をした若者が大半を占めるが、皆一様に気さく。でも接客態度はとても礼儀正しい。レジで会計するときには、「これおいしいっすよね」といったノリで、基本的に何か話しかけてくる。かつ、それが非常にナチュラル。店員と軽く会話を交わした客は、どこかハッピーな表情で店を出る。そう、行くとちょっとハッピーになる、そんな店。人事戦略はそうとう練っているはず

(Whole Foodsのバイト店員は、ここまでの熱意で仕事をしてはいない様子。先日など、コーンスターチの場所を聞いたら、「その棚のコーナーの店員はいま全員が会議中なんすよねえ。客がいる時間に全員一緒に会議をするっていう神経が分かんないっす。」とかいう始末。)

そして、こんな店だからこそ、"Trader Joes" のマークにブランド価値が生まれ、上の基本戦略と上手くマッチするのだろう。

実際、この店を熱狂的に人々が結構いるようだ。店のファンサイトあり、買い物ブログあり。珈琲男も愛する、同じ西海岸のAppleみたいなところがあるのかも。

この店、先に紹介したWhole Foodsとの比較で考えるといろいろと面白い。

両方とも、ナチュラル志向の食料雑貨の大型チェーン。共に、300店前後の全国展開。売り上げも約$ 7billion 程度(但しTrader Joe'sは非公開企業のため、Wikiにあった推定値)。利益率は、手元にデータなし。更に、ともにブランド戦略を推し進めるところも共通。(ちなみに、両店のエコバッグは、最近日本でも結構人気だとか。楽天やヤフオクでは1,000円を越えて売られているケースもあるそうだ。実際には、めちゃめちゃ安いんだけど・・・。)

但し、

かたや高品質・高価格戦略(Whole Foods) vs.
かたや高~中品質・中~低価格戦略(Trader Joe's)。

そして、

かたや洗練された雰囲気の店作り(Whole Foods)vs.
かたやラフで陽気な店作り(Trader Joe's)。

さらに、

かたやM&Aを繰り返してきた超成長志向のNASDAQ上場企業(Whole Foods)vs.
かたや1958年の創業以来、頑なに(?)非公開を貫くプライベートカンパニー(Trader Joe's)。
ちなみにWhole Foodsは現在、同業のWild Oats Marketの買収案件で、独禁法違反の嫌疑でFTCからストップをかけられている模様。

最後に比較として面白いのが、

かたや大学中退の若者が彼女と興したテキサスのスーパーがその発祥なら(Whole Foods)、
もう片方はスタンフォードMBAの卒業生が始めたLAのコンビニチェーンがその原点(Trader Joe's)。

おまけに、Trader Joe'sは、「テキサス」発祥のコンビニチェーン、7-Elevenが地域に進出してきたことをきっかけに、このままではやられるだけだと戦略を練った結果が今の店、なんだとか。

誰かこの2社の比較をビジネススクールのケースとして書けば面白いものになると思うんだけどなあ。特に、戦略、人事管理あたりでいいのが書けそう。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/12/26(金) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/115-3be10545
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。