スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オバマ演説集

日本でオバマ演説集なるものが売られていることを、ここに来るまで住んでいた鎌倉のご近所さんからブログへのコメントで教えてもらった。今日もどこかのサイトでその売れ行きが相当いいなんて記事を目にしたから、ちょっと検索してみた。これかな、多分。

生声CD付き [対訳] オバマ演説集生声CD付き [対訳] オバマ演説集
(2008/11/20)
CNN English Express編

商品詳細を見る

って日本でこのブログを見て下さっている方々はもうご存じなのだと思うけど。

なるほど、日本では「オバマ」「英語学習」を組み合わせることでよく売れている訳なんですね。

他の国ではオバマのスピーチ関連の書籍って売れてるのかな?と思い、まずはここアメリカのアマゾンを検索してみたところ・・・・・、単なるスピーチ集からスピーチを分析したものまで、CDも含めて相当な種類が売られている。中でも珈琲男の目を引いたのが、これ。

Say it Like Obama: The Power of Speaking with Purpose and VisionSay it Like Obama: The Power of Speaking with Purpose and Vision
(2008/09/08)
Shel Leanne

商品詳細を見る

どうやったらオバマみたいに魅力的に話せるの?という本らしい。その内容は、というと、

Chapter 1: THE SPEECH THAT STARTED IT ALL
Chapter 2: EARNING TRUST AND CONFIDENCE
Chapter 3: BREAKING DOWN BARRIERS
Chapter 4: WINNING HEARTS AND MINDS
Chapter 5: CONVEYING VISION
Chapter 6: DRIVING POINTS HOME
Chapter 7: PERSUADING
Chapter 8: FACING AND OVER COMING CONTROVERSY
Chapter 9: MOTIVATING OTHERS TO ACTION AND LEAVING STRONG LAST IMPRESSIONS
Chapter 10: THE SPEECH THAT MADE HISTORY . . . AGAIN

まるでQ2で履修したManagement Communicationのクラスのようだ(笑)。

オバマのスピーチは世界中で注目されているようだけど、これに何を絡めるとモノが売れるのか、というそれぞれの国の事情なり発想があって面白いな、と。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/01/17(土) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

kanna

『No title』

そうそう、これです(笑)
確かに懇切丁寧な対訳・解説が付いていて、語学教材の趣が強いですが、私は分からんまま車で流し聴きしてます。
聞き流しながら感じるのは「聞かせたい部分は平易な言葉でシンプルに」話していること。
英語が話せない四十路のおばちゃんにも、珈琲Jr.のような子供にもすんなり理解できる言葉。
それと「同じ音の重ね」
韻を踏んでいると言うのかな?声の抑揚と相まって音楽を聴いているような感覚になります。
もうひとつが「よく響く声」
音響機器やホールの関係もあるのでしょうが、声に余韻があって心地良いのです。

それにしても、日本の政治家の演説で「どうしたら彼のように話せるのか?」なんてCDは当分
出そうにないですねぇ。

2009/01/19(月) 19:26:18 | URL | [ 編集]

珈琲妻(かふぇ・め)

『No title』

>珈琲Jr.のような子供にもすんなり理解できる言葉。
い、いや、Jr.はまだObamaの演説は理解していない模様っす。

2009/01/20(火) 01:05:27 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/138-69f2ef48
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。