スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイムマネジメント

ごくごく当たり前だけど、一日24時間なのは日本にいたときと何ら変わらない。

一方で、【①やるべき仕事(=勉強)量】+【②必ずしも義務ではないけど何かしら関わってみたいと思う機会の量】の合計が著しく増えた。①の量が多いのはある程度予測の範囲だけど、②の量がWhartonでは半端ではなく多いことに、ポジティブに驚いている。

結果、時間が全く足らない状況にある。その結果、「何にどれだけの時間を使うか」ということに常に頭を使うことになっている。タイムマネジメントの重要性については、Whartonでもものすごく強調されているけど、早速身をもって体験しているところだ。

タイムマネジメントとは、与えられた仕事をどうやって効率的にこなすか、という受動的かつ小さな課題ではなくて、そもそも何をなし得たいのか、というところから出発すべき能動的かつ大きな課題なんだと、感じ始めている。

スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/08/06(水) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/15-d54df848
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。