スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Pre-Term前半戦

少しだけ勉強のペースもつかめてきたから、Pre-Termで珈琲男が履修している主な科目について少しメモしておこうと思う。

● STAT 611
既にブログした通称Math Camp。Abraham Wyner教授。(珈琲男には)非常にきつかったが、何とかパスできた。

● STAT 603
Statistic(統計学)の基礎。Mark Gordon Low教授(うちのCohortでの評判は、いまいちかな。。)3コマ/週。分散、標準偏差、ヒストグラム、確率等々(「等々」、というのは、私の不理解を適切に表現している、ともいえる。今週末にに少しキャッチアップしないといけないな)。JPMという統計ソフトを活用したテキストをもとに進められる。9月以降のコア科目は、統計学の知識を前提に進められるということだから、ちょっと焦る。

● ACCT 603
Accounting(会計学)の基礎。Brian Bushee教授(学生からの評判がとてもいい)。3コマ/週。ここまでに、貸借対照表、仕訳の基礎をカバー。Cohort単位のゲームを絡めるなど、講義の進め方が工夫されていて非常に感心する。会計分野で専門性を極める気はさらさらない一方で、現時点での知識不足も明らかなため、基礎分野はきちんと身につけようと思う。

● MGEC 603
通称「マジック」。Managerial Economics(経営経済学)の基礎。Bruce Allen教授。3コマ/週。これまでに、需要・供給曲線、弾力性、限界費用「等々」をカバー。経済学をきちんと学んだことがないため、ビジネス上の判断を経済学的なアプローチで構造化する、ということに、なかなか面白さを感じる。この講義は9月以降、MGEC 621にそのままつながっていくから、遅れないようについていくことが当座の目標。

この他に、HCMG 603(米国ヘルスケア分野の歴史と現在の問題点を概説。受講者からの評判は概ね良好)、Mirco-Financing(流行の貧困層向けマイクロファイナンスの概説)、Speaking for Non-Native Speakers(ノンネイティブ向けのスピーキングのワークショップ。ビデオに撮られた自分のプレゼンがグループでレビューされ、結構恥ずかしいが非常にためになった)、Intermediate Excel(中級者向けのエクセル講座)、なども受講した。これに加えて、学校の各種リソースに関する説明会や、連日の「ネットワーキング」「ネットワーキング」「ネットワーキング」。

お陰様で、いまのところ、太っている暇がない。

スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/08/15(金) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/18-c00a686a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。