スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Entrepreneurship

日本人の間では、通称「アントレ」とか呼ばれる。また、「起業家精神」とよく訳される。そして、MBAに来てから、自信をもってスペルを綴れるようになってきた単語の一つ(笑)。

起業する、というのは、意思の程度や実現の可能性は別にしても、MBAの学生が挑戦してみることを頭の片隅で夢見てその妄想に一度はうふふとなることの一つだと思う。大多数が、一瞬のうふふ、で終わる訳だけど。投資銀行なりコンサルに転職して高給を稼ぐよりも、どこか「偉い」ことのように思われている節もある。まあそれは分からなくもない。何しろ自分の運命を完全に自分で決めようという生き方を選択するわけだから、並の覚悟でできることではない。実際、人生の目標として、いつか起業してやる、という野望を抱く友人は結構多い。

金曜日はたまたまアントレに何らかの関係がある2つのイベントに参加した。

一つ目。ベンチャーキャピタル(VC)、Globespanの共同設立者、Andy Goldfarbの講演会。もうすぐ卒業されるKuraさんの就職先ということで、Kuraさんからこのイベントへのお誘いをいただいた。ちなみにVCというのは、主に未上場会社の株式に投資するプライベート・エクイティ(PE)の一形態で、特に創業間もない成長企業に投資しているファンドのことをいう。珈琲男も、前職で少しだけお付き合いした経験がある。

Andyは、この経済状況だから出資案件も厳しいことを認めつつ、じゃあどこか遠くでこの状態をやり過ごせばいいってものでもないという意味で、こんな言葉を贈ってくれた。

"Surfers don't wait for the wave on the beach. They wait it in the water."
(サーファーは陸に上がって波を待つわけじゃない。海に入って待つもんでしょ。)

珈琲男は鎌倉は稲村ガ崎に家を構えてるから、時折海には行ってた。サーフィンをやる訳じゃないけど、サーファーを見るのは好きだった。隣の家のSくんとEちゃんの夫婦は鎌倉ではもちろん、日本のいろんな大会で活躍しているサーファー夫婦だし、珈琲Jr.を週に何度も保育園に迎えに行って材木座の自宅で預かって下さっていたYさんの旦那様も、地元では名の知られたサーファーだ。そういえば、珈琲男は見たことないけど、TOKIOの山口君がサーフィンが好きだという理由で稲村ガ崎に家を構えてるらしい。サーフィンを心から愛している人達が周りに一杯いる環境だった。

そんなことを思い出しながらこのAndyの言葉を噛みしめていたら、Andyが本当にVCという仕事が好きでたまらないんだろうな、ということをよく感じられる気がした。この言葉には、いつだって現場に留まれ、というメッセージと共に、海で波を待つサーファーの、本当にサーフィンが好きだからそれをやってる、というニュアンスがとてもよく出ていると思う。

二つ目。Andyのプレゼンの後、これまで予備選を重ねてきたWharton Business Plan Competitionの最終選考会に足を運んだ。ここまで選考に残った8チームの最終プレゼン。同じLearning TeamのSteveのチームがトップバッターだった。ルームメイト間で各種請求を簡易に振り分けるためのオンラインサービスについてのビジネスプラン。その他、糖尿病患者の血糖値を自動的にテストするデバイスや、事故などで失った瞳をより自然に見せるための新しい人工瞳の提供のアイデア等々。

一連のプレゼンを観客席で聞きながら、突っ込みどころにポンポンと気付く自分に気付いた。もちろんWhartonに来る前でもそれなりに突っ込むべき項目を挙げることはできたと思う。でも、それは単なるその場の思いつきでしかなかっただろう。戦略、マーケティング、ファイナンス、人事戦略など各科目でのフレームなりセオリーなりをそれなりに身につけたことで、考えるべきポイントを網羅的にかつスピード感をもって頭に描くことができるようになってきたようだ。これは大きな成長。

来期は、その名もEntrepreneurshipというクラスを履修する予定。といってこのクラスを通じて起業を狙うとかいう訳ではなく(っていうか、起業ってそんなレベルのものではない)、これまでに履修したクラスの内容を総合的に使ってみることができそうだ、というのがそのモチベーション。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/04/30(木) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/193-a9dadf5f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。