スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィリーに住むお化け

夜、家族で夕食を済ませたあと、一人で出かけることがたびたびある。大きなパーティや少人数での飲み会だったり、近所に住む友人とのプロジェクトや軽い勉強会だったり。この街のいいところで、中心部が小さいが故に、どこにでもほぼ徒歩数分で行けてしまう。少し離れたとこなら、タクシーをさっと拾えば僅か数ドルで主立った場所ならどこにでも行ける。以前住んでいた京都を更にきゅっと狭くしたような世界だろうか。オレンジの光に包まれたこの街の夜の雰囲気を、実は結構気に入っている。

昨年の夏にお化け屋敷にいったことを話して以来、この街には夜になるとお化けが徘徊していると信じ切っている珈琲Jr.。夜なかなかベッドに行かない夜は、お化けが来るといって脅してやると本気で怖がっている。目をつむるとお化けが来ないというルールが設定されているから、一応目をつむったフリはする。

その珈琲Jr.は、Pre-Schoolでの生活を通じて英語をますます憶えてきたようで、しばらく前から突然英語をばーっとしゃべり出すようになった。日本語と英語をうまい具合にミックスすることもしばしば。

最近、夜の外出のたび、私の背中でこんな注意をしてくれる。

「Dady, おばけにwatch out!」
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/05/03(日) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/194-a6d73d7e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。