スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学長のレセプションにて ②

学長のプレゼンのあと、質疑応答となった。学長であれ誰であれ、相当厳しい突っ込みを学生が何の気兼ねもなくさらっとしてしまうのには、多少なりとも驚く。こうやって自分の価値観が相対化していくんだろう、という一例(別に、少なくとも短期的には、価値観ががらっと変わってしまう訳ではない)。

質疑応答の中で、一人の学生が、先週末に行われた、NGOに協力してある学校にプレイグランドを作った奉仕活動(珈琲男も参加していまだに若干筋肉痛気味である)を引き合いに出して、

「確かにこのような奉仕活動には意味があるが、Whartonのブランド向上という観点からは、如何にビジネスを通じて世の中をよりよい場所にすることができるか、という大きなテーマをもっと堀り下げて研究・議論し、それを世の中に問うていくべきではないか」

というような発言したのが珈琲男には最も響いた(もちろん、奉仕活動をブランド向上のための施策として位置づけることに若干無理があるようにも思うけど)。彼女は先週のMicro Financingの講義でかなり議論をリードしていたらから、このあたりのテーマにはきっと相当な思い入れがあるんだろう。

ビジネスを通じて世の中をよりよい場所に変える、というのはどういうことか。
何をすればそれが実現できるのか。

ここまでの3週間で見つけた、自分なりの最大の課題のようだ。

ちなみに、プレイグランドはこんな感じで作られました。

IMG_0009.jpg

これが作業開始直後の姿で、

IMG_0010.jpg

だんだん形ができてきて、

IMG_0014.jpg

これで完成。ここまで、200人が関わって7時間程度。写真ではあんまり見えないけど、木のチップが地面一杯に高さ40センチ程度に敷き詰められてて、これをひたすら運ぶのが相当な重労働だった。

IMG_0013.jpg

最後にこの学校の子供達がプレイグランドにご対面、という演出。なかなか充実した一日でした。

スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/08/19(火) | MBA | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

たけちんまんどすえ

『No title』

お元気そうですな。

個人的には、最近はビジネスのアウトプットとして生産される社会貢献を評価している一方で、奉仕活動の位置づけに少々悩んでいます。数字じゃ表せない奉仕活動は、何で図るのがよいか。そもそも図る必要あるのか。じゃあどういう意味があるのか・・・とか。なので、今はNGO活動はちょっとお休み。

で、運動場作りとは、おもろいことやってんなぁ。
これも授業の一環?

2008/08/20(水) 07:17:55 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

そうね。ビジネスのアウトプットとして社会にポジティブなインパクトを与えようという動きに対してはあまり批判の余地がない一方で、企業がフィランソロピーというか、慈善事業をやることにはいろいろ議論があるわな。

基本的には、珈琲男の現段階の立場は、営利企業は原理的に企業価値を最大化することを宿命づけられているからには、それに寄与するならその範囲で慈善事業をすべきだし、それに反するならすべきではない、という感じかな。もうちょっと深く考えてみたいとは思ってるけど。

プレイグランド作りは、完全に自由意志で参加したものです。こっちに来て結構驚いているのは、社会貢献というか、Social Impact的なものに関わりたいと意思表明する学生がめちゃめちゃ多いこと。なんか世の中の流れを感じざるを得ないな、なんて思ってます。


2008/08/21(木) 00:27:32 | URL | [ 編集]

たけちんまんどすえ

『No title』

たけちんまんどすえ的には、企業のビジネス=金儲けそのものが十分社会貢献になっているし、フィランソロピーも広告宣伝費の一部だから、これもやっぱり金儲け目的でやってるのであるから、企業は、その檻というか、範疇を出るものではないと思う。
ゆえに、奉仕活動も、どうしても金になるところばかり手厚くなってしまうので、NPOは、その隙間を埋める役目として登場し、今は、それが「流行っている」だけなんちゃうかな、と。
やっぱり、ビジネスと奉仕活動は、どうしたって相容れないものがあると思うなぁ。

Microfinanceといえば、KIVA(知ってる?)は、あの仕組みを良く作ったと思う。俺もちょっとした投資気分でやっています。

2008/08/21(木) 06:33:00 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

KIVAのサイトをちらっと見てみました。おもろい仕組みやね。この間でた講義で、Micro Financeの構造として、実際に個人やグループに貸し付けを行う機関と、お金を集める機関の二重構造化が進んでる、みたいな話があたけど、これは主に後者の役割を果たしてる、っちゅうことやね。Micro Finance全体の課題として、アドミコストが非常に大きいことがあるらしいけど、このKIVAではその辺りがどの程度効果があるのか、ちょっと興味がありますな。

2008/08/21(木) 09:24:59 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/23-81aee511
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。