スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供にものを教える難しさ

買い物から家に帰る道すがら、隣町の広場にさしかかると何やら賑やかな人だかり。覗いてみると、地元のお祭りのようだ。ケルトらしき民族音楽が演奏されていることからすると、何やら歴史的・民族的意味合いがあるのだろうか。言葉が理解できないというのは何とももどかしい。

祭り8

お祭りといえば出店(でみせ)。日本のそれに随分と近い。

定番の射的あり(でも奥のお母さん、まるでハンターのような構えだな)、

祭り1

綿菓子やリンゴ飴あり。

祭り5

さすがにトウモロコシの醤油焼きと焼きそばはなかかったが。でも日本にはこんなのはないな。っていうか、みんな飛びすぎ。1回5ユーロと随分高めな料金設定ながら、10分ほども飛ばせてくれる。

祭り6

珈琲Jr.も挑戦するも、トランポリンで足を蹴り上げるタイミングがなかなか合わない。「そこでポーン」とか横でがなるも大したアドバイスにはなっていないらしい。何しろ10分もあるうえに直接彼のそばに近づけないから次第にイライラしてくる。と、あなたは教え方が下手なのよと、珈琲妻にたしなめられる。まあ確かにそうだったかも。

日本での出店の定番の金魚すくいならぬ、ガチョウ釣り。棒の先についたカギでガチョウの頭についた輪っかを引っかける。

祭り7

今度は気を取り直して手ほどきを試みる。まずは彼のやり方を冷静に観察。棒を長く持ちすぎている。短く持つようにと言い聞かせる。これはすぐに伝わる。よしよし。しかしどうも狙いが定まっていない。あちこちあてもなくガチョウを追い回している。狙いを定めるように、と言ってみるも、これは彼にはまだほとんど理解できない様子。狙いを定めるって何?うーん、その言い方では伝わらないか。どれがいいかなってまずよく見てからそれを追いかけるんだよ、と言い直す。少し伝わった様子。しかし、必ずしも彼にとって面白いやり方ではない模様。彼の中では、どうやったら上手くガチョウが釣れるかというのと、どうやったら遊びとして面白いか、というのが、珈琲男が当たり前に考えているようには合致しない模様。これは深い。しばし悩む・・・。

大抵の大人はこの出店を見た瞬間に、ガチョウをいかに効率的にたくさん取るのかというのがゲームのルールだと認識するだろう。ガチョウ釣り(=すなわち金魚釣り)が下手な子供にさせてなるかと、一生懸命教えようと力が入る。こういう小技が下手な男の子はモテない(はず)。が、そもそも彼の方ではこの遊びに全く違う景色を見ているのかもしれない。しかしそれをどこまで理解するべく彼の側に歩み寄ろうとするのがいいものか・・・。

うーん、悩ましい、というほど実際に悩んでいるわけもないけど、とにかく子供にものを教えるのは難しい。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/06/22(月) | フランスの夏 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

HelterSkelter

『No title』

参考になります(笑)。子供ができると、そういう発見もあり、面白そうですね(タイヘンなのはもちろんですが)。俺もついついムキになって教えてしまいそう・・・・自分が子供になっている可能性もあるけど。

2009/06/23(火) 21:44:25 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

あんたは(珈琲Jr.について)普段は何にも気にしないくせに変なところで力が入る、というのが珈琲妻評のようです。この力が入るポイントがどうも彼女とは随分と違うらしい。まあそんなもんなのかも知れませんね。奥様のブログもいつも楽しみに拝見してます。いよいよですね!

2009/06/24(水) 06:22:28 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/237-6a47f836
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。