スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久しぶりのフィリー

小型機は雷雨のなかフィラデルフィア空港に着陸。高速を走るタクシーの窓からは古びた工場群といくつもの巨大看板に続いてビルが乱立するフィリーの街が見えてくる。ふと、戦後の日本が追いかけてきたのは他でもないこの国だったんだななどという思いがよぎる。

飛行機の中で寝てしまった珈琲Jr.をベッドに寝かせ、お気に入りの中華屋に出前を頼む(言葉が通じるありがたみをひしひしと感じる)。いつものように15分足らずで配達。ささっと食べてお皿は食洗機へ。あまりの便利さに違和感を感じるほどだけど、それは3日と続かないだろう。ただ、自分の中にアメリカやその後の日本での生活にそっとあてられそうなフランスの物差しができたことをありがたく思う。

久しぶりの我が家に不思議なことが起きていた。フィリーを発つときには空っぽだったプランターに赤い花がもりもり咲いている。

花

近所の誰かがこそっと植えて下さったのか、はたまた土の中から自然に生えたのか。そういえばちょうど一年前にこの家に到着したときも同じ花が咲いていた気がするようなしないような。しかし土が増えてる気もするし。

<追伸>
花を植えてくれたのは近所の人だったのが後日判明。ちょうど花が余っていたところ防犯にもなるかと思って・・・と照れくさそうに教えてくれた。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/07/25(土) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/259-8f45797a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。