スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2年目が始まる気配

朝。学校に向かう珈琲Jr.をいつものようにバスに乗せると、満杯のバスに久しぶりに出くわすことがある。ペン大生らしき学生のなかには、明らかにWhartonの新入生だと思われる一団も混じっている(「MGEC」=ミクロ経済学の教科書を抱えていなくても、Wharton生はなぜかニオイで判断できる)。ちょうど一年前の相当な緊張感を抱えた日々にあった自分自身を思い出し、思わず彼らの心情を想像する。共感と優越感。そのバランスはいろいろあるにして、歴代の2年生が抱えてきた2つの感情をこの満杯のバスで思い知る。

昼。ここ何週間か、大型トラックと建物を行き来して大量の引越荷物を運んでいる人々を頻繁にみかける。アメリカは今、引越の季節。

夜。同じCohortのクラスメート間で久しぶりに飛び交いだしたメールを眺める。いかに自分の夏が最高だったか(もしくは最低だったか)、過分な誇張をもって報告される。もちろん誇張が誇張と正しく認識され、クラスメートの間でささやかな笑いが共有される。それぞれの誇張の仕方に一年間つきあった彼ら一人一人の個性を思い出す。何人かは妻になり、何人かは親になり、何人かは相変わらずパーティ三昧のようだ。

深夜。ここ数日の一日一冊ペースの小説乱読が続く。が、そろそろビジネス書にも目がチラチラ向き出した、もしくはそうでなければならない気がしてくる。昨日も「イノベーションのジレンマ」と迷って結局「グレート・ギャツビー」を手に取った。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
(2006/11)
スコット フィッツジェラルド村上春樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/08/11(火) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

trottolina

『No title』

この本大好き!!!
いいですね2年目。こちらは帰国前のパッキング中です。

2009/08/13(木) 02:42:10 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

初めて読みましたが、かなりよかったですね。村上春樹がこの本の文章を随分褒めているので、原文で読んでみるかとアマゾンに注文するところです。

2009/08/13(木) 08:31:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/270-3d50be3e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。