スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供を褒めまくる国

珈琲Jr.のクラスでは今週は「日本週間」。日本を代表して、くらいの気持ちで、珈琲妻とともに子供達へのささやかなプレゼンテーションを行う。いや、正確にはカメラマン役を仰せつかる。

褒めまくる

教室に初めて長居させてもらったが、先生達の子供を褒めること褒めること。何をやっても基本的に褒める。珈琲妻(浴衣姿で登壇)が日本に関するクイズをやったのだが、勢いよく手を挙げた女の子の答えは「I don't know」。おいおい、じゃあ手を挙げんなよ、とは決してならない。先生は「手を挙げたのがすごい!」と褒めまくる。女の子もまんざらでもない気分。

「日本で一番高い山を知ってる?」の質問に勢いよく立ち上がった男の子は、つかつかと世界地図の前に進み出ていきなりあるところを指さした。うーん、そこは君ロシアやね。それでも先生は「Good try!」を連呼。男の子はますます勢いがついて手を挙げまくる。が、その答えは「I don't know!」。

こんだけ褒められまくるってのは子供に相当な影響があるだろうし、そうして育てられた人間によって構成される社会というのも想像するとなかなか興味深い。アメリカ中の学校が同じように運営されているということでもないだろうけど、ちょっとこの国についての理解が深まった気がした。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/08/12(水) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/272-456bbb4c
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。