スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Wharton MBA website renewed

Wharton MBAのwebsiteが全面改定された模様。あら、いつの間に。
http://www.wharton.upenn.edu/mba/

一言コメント風のビデオがふんだんに使われてる。友達、知り合い、それに実際にお世話になった教授(それからあんまり助けてくれなかったTA)等々、次から次に出てきて面白い。

ビデオを見てて、ビジネススクールって巨大な熱機関みたいなところがあるな、ってふと思った。ガソリンみたいに火が点きやすい人間がいっぱいいて、そんな人間に火を点けるつけるのが上手い人間もいっぱいて、とにかく膨大なエネルギーが生み出される場所。時にこの熱機関に焼かれそうになり、時に心躍らされる。コアで習った知識の枝葉はすぐにでも忘れそうだ(もしくは既に忘れた)けど、ここで感じるエネルギーだけはなかなか忘れないように思う。そしてWhartonの最大の特徴って、この熱機関を運営しているのが学生だってことかも知れない。(というところまで考えると、日本人初の生徒会長になちゃったShockyouって、改めてすごいね。)

学校からちょうど3ヶ月ほど遠ざかっているけど、最初の1年間の記憶が甦ってくる。

まず思い出すのが、朝、ハンツマンホール(Whartonのメインの校舎)に足を踏み入れるときの気持ち。自分は実際のところ大した人間でもなくて、そしてそれを今日こそ見透かされるのではないかという緊張感と、今日は何が起こるんだろう、そしてその出来事のなかで自分がどう変われるんだろうという期待感

その緊張感と期待感の比率が次第に後者に移っていくわけで、だからこそ学校が面白くなっていく。

2年目がはじまるまで、あと1ヶ月か。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/08/13(木) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/273-f0c711c6
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。