スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Mac再インストールで思わぬ発見

ここ数ヶ月Macが若干不安定だったから、思い切って完全再インストールを敢行。学校が始まってからこいつが気絶したら大ゴトだ。

喉が渇いた珈琲Jr.に朝の4時に起こされたのをよしとしてそのまま作業開始。まずは定番のCarbon Copy Clonerでハードディスクを外付けのドライブに丸ごとバックアップしてからMac OSXを再インストール。続いて必要最低限のアプリだけ(といって結構な数になる)ひとつひとつインストール。Vistaはよく知らないけどMacはメールやら写真やらのデータの所在がわかりやすくて助かる。作業は問題なく終了。Macはかなり軽快に動いてくれている。

今回はBoot CampでVistaを再インストールしただけじゃなく、持ってたけど実はほとんど使ってなかったParallels Desktop 4.0もちゃんと設定してみることにした。これがものすごい軽快に動くことを今更ながら発見。

Parallels Desktop 4.0 For MacParallels Desktop 4.0 For Mac
(2008/12/19)
Windows

商品詳細を見る


Whartonでの最初の1年間、実はエクセルを使うたびにBoot CampでVistaに切り替えていた。それからたまにワードやパワポでも。Macは基本的に使いやすいんだけど、どうしてもOffice関連(特にエクセル)はMac版だと作業が遅くなる気がしてならない。慣れの問題なんだろうけど。Whartonではエクセルを使いまくるから、これはかなりしち面倒くさかった。WhartonのIT環境はMacには随分優しくて実際のところMacユーザも多いだけに余計に残念だったところ。

Pallarelsは単にVistaでも軽快に動いてくれるだけじゃなくて(ちなみにメモリは4G積んでる)、コヒーレンスモードというのがあってVista上のアプリ(たとえばエクセル)があたかもMac OSX上の一つのアプリのように立ち上がってくれる。めちゃめちゃ便利。もっと早く設定しおきゃよかった。

画面5

しかしどうしても解せないのは、Vistaがやたらめったらと「更新プログラム」を繰り返すこと。何で1回のアップデートで最新のバージョンにならないのかがさっぱり分からない。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/08/17(月) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/275-2f26aa6b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。