スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Whartonを一足先に「卒業」する友人へ

Whartonの同期が一人、二年目のはじまりを待たずして実務の世界に戻ることになった。

「まぁ、タイミングですね。世の流れと自分の流れと。」

何日か前、彼はチャットでいった。

もちろん考えに考えた結果だと思う。そんな勇気ある決断を下した彼を、心から応援したい。残り一年をフィリーで共に過ごせないのは本当に残念だけど、一足先にウォートンを「卒業」する彼とはこの先もっと長いスパンのつきあいができればと思う。そんな思いをチャットで伝えた。

同じチャットのなかでこんなやりとりがあった。




珈琲: 多分知ってると思うけど、スティーブ・ジョブスがスタンフォードの卒業式でスピーチしたやつの最後に、

珈琲: When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right." It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.

友人: そうですね。

珈琲: さすがに数日で判断できないだろうけど、

珈琲: でもやっぱり、その数日のなかでも、長期的に多分あってるとか多分違っているという直感みたいなものはあるんだろうけどね。

珈琲: そういう直感には敏感でいたいな-、と。

友人: お金をもらわなくても、無給でも、

友人: それができるかってとこじゃないですかねぇ

珈琲: うんうん。

友人: 論語でもいいますよね

友人: 楽しんでやっている人には、なおのこと、かなわないって

珈琲: なるほど。そうだね。絶対かなわないね。

友人: 子日わく、之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。

友人:孔子様がおっしゃった、「知識として知っているだけではまだまだだ。好きでやっている人にはかなわない。好きでやっているだけでもまだまだだね。日常生活の一部になって楽しんでいる人にはかなわないよ」と。

珈琲: いいこというね~。孔子。か、その弟子か。

友人: ははは

友人: まぁ、もう迷いはなくなったので、頑張りますよー

珈琲: うんうん

珈琲: では仕事への復帰でいろいろあると思うから、そろそろ。

友人: はーい、ありがとうございます!
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/09/01(火) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/294-a454c713
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。