スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Learning Team Retreat

Pre-Termの締めくくりは、ニューヨーク州Catskill MountainsにあるCamp Iroquois Springsでの2日間に渡るLearning Team Retreat。MBA版「青少年自然の家」とでもいえばいいのだろうか(ナイスサーティーズに青少年も何もあったものではないが)。Whartonでのリーダーシップ系の最初のプログラムであり、一年目の各授業でのグループワークを共にするLearning Teamとの出会いと関係構築を促すよう、なかなか上手くデザインされている。

IMG_0054.jpg

ちなみに上の写真は、Learning Team毎に30分でWhartonに関する替え歌を作って発表しろ、というかなり無茶な課題をこなしている様子。おいおい、まじかいな、という課題でも、結構やり始めるとみんな燃える。チームベースの課題がもうこれでもかというくらい幾つも課された、そんな2日間。

珈琲男のLearning Teamにはこのメンバーがアサインされた。

● 中国は北京大学卒業の元戦略系コンサルタント、Fang。女子。私はロジックで動くわ、と公言する才女。一方で、統計学の授業を2回に渡って寝通した強者(?)として既にCohort内では好奇の眼差しを集める。かなり忙しいとされるQ1でペン大のdrawingコースを履修するという、やや不思議さん。

● インド出身でマイクロファイナンスに情熱を注ぐ、Tanaya。女子。全身から正義感と優しさがにじみ出ている。そしてベジタリアン。早く彼女の英語に慣れなければ。

● アメリカ・ルイジアナ州出身のソフトウェアエンジニア、Justin。アフリカン・アメリカン。男子。西海岸に妻あり。控えめな性格に見えるが、ブラジリアン柔術を含むマーシャルアーツを嗜むというその肉体はかなり威圧的。怒ると、多分、怖い。Macユーザー同士(だからかどうか分からないが)、何か息が合う。

● 地元フィラデルフィア出身のイケメン、Steve。男子。カイト・サーフィンを愛する24歳。天真爛漫系のナイスガイ。常に明るく人を笑わすクラスの人気者タイプ。一説では、世界的に事業を展開する不動産会社の御曹司、らしい(現在調査中)。

Retreatの開会式で、Wharton Leadership Program OfiiceのDirector、Jeff Klein(WharotonのStaffには珍しい長髪のナイスガイ。実はAT&T出身らしい。)がこんなことをいっていた。

「人は自分を超えるもの(something greater than ourselves)に属していたい、High Performing Teamのメンバーでありたいと願うものだ。どうすればそんなチームを実現できるのか、それを学べ。」

Learning Teamの運営は、メンバーが全てその責任を負う。チームの運営にあたっては、誰からの指示もない。チーム内に所与のリーダーやファンクションや階級がある訳でもない。生い立ちや価値観の違うメンバーが大量の課題を一年に渡ってこなすわけだから、これから小さな衝突なんて日常茶飯事だろうし、チーム運営上深刻な問題だって発生するかも知れない。きっと自分のリーダーシップや価値観が何度も試されることだろう。

自分のLearning TeamをどうずればHigh Performing Teamにできるか、じっくり実験してみようと思う。


◆ 最近学んだ単語
klepto (Kleptomaniac):盗癖者、盗癖のある
rib:冗談、からかう

スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/08/31(日) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/30-069663e5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。