スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Q1履修状況

いよいよ週明けからFall Termが始まる。Whartonでは、一年が大きくFall TermとSpring Termに分かれており、それぞれが、更に2つのquarterに分かれている(Fall TermにQ1とQ2があり、Spring TermにQ3とQ4がある)。

Q1で履修する授業は、以下の5つ。一切waiveしなかったから、コア科目は全てを取っている。FNCE601(Corporate Finance)はSpring Termに回して負荷分散を図ることにした。

● ACCT620:財務会計基礎。予備知識と経験がない分野だけに、苦労すること間違いなし。

● MGEC621:経営経済学(ほぼミクロ経済学に相当)。Pre-Termからそのまま継続して進められる。ビジネス上の意志決定をミクロ経済のロジックと数字で説明することについて、学生の中には「非現実的」と評価する向きも多いが、個人的にはその概念を学ぶのは結構楽しいと感じてる。

● MGMT652:Foundation of Teamwork。Learning Team単位での課題等を通じてリーダーシップとチーム運営を学ぶ。担当教授のStewart D. Friedmanが素晴らしいと聞いたのでかなり楽しみ。

● MKTG621:マーケティングの基礎。ケーススタディが中心で、Learning Teamでの課題も多い。因みに、担当教授は、WhartonのMarketing Departmentの長であり、我がCohort Iの担任でもある、Jagmohan S. Raju。

rajuj.jpg

● STAT621:統計学基礎。これも苦労すること間違いなし。

9月末には早速中間試験が控えてる(って早すぎだろ)。さてさて、いよいよ本格的に始まるね。

スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/08/31(日) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/31-14e510c0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。