スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009秋学期の履修科目

9月アタマに始まった2009年秋学期。今更ながら、履修科目の紹介を。

MGMT 701: Strategy and Competitive Advantage(1単位)
Whartonの戦略系クラスでは最高評価のシゲルコ教授によるクラス。相当なbid pointを費して落とした。今期の自分のなかでの目玉のクラス。読み物とコールドコール共に多し。通期・週2回。

MGMT/OPIM 690: Managerial Decision Making(1単位)
タイトルからはちょっと分かりにくいものの、所謂、行動経済学(behavioral economics)。合理的な経済人を前提にした標準経済学では説明できない現実を、認知心理学などを織り交ぜて説明しようというもの。一応力点は行動経済学を基にして、どうやって人の行動により影響を与えるか、そして自らの意志決定の質を高めるかに置かれる(という触れ込み)。教授は正直いまいち。でも展開される内容そのものは随分と面白い。理解を深めるため、アマゾンで何冊か関連書籍を購入(いや、この分野って随分と本が出てるんですね)。現在ざざっと眺めてることろ。今後ブログのネタになる予定(多分)。通期・週2回。

MGMT 801: Entrepreneurship(0.5単位)
Whartonのアントレ系科目の基礎クラス。アントレをメジャーにする人はこれをまず取得することになり、従って1年生から取ってる人もいる。アイデア出しから始まってエグジットまで、起業家が辿る道筋をさらさらっと追っていく。半期(Q1)のみのため、10月末で終わる予定(ってもうすぐじゃん)。週2回。

MGEC 891: The Economics and Financial Crisis(0.5単位)
昨今の経済危機につき、Whartonの各分野の教授がその見解・見識を講義してくれるもの。マクロ経済、不動産、PE業界、会計、小売り、等々。全12回。うち5回についてペーパー提出。通期・週1回。

WHCP 897: Advanced Persuasion(0.25単位)
コミュニケーションの上級クラス。いかに人を説得するかに力点が置かれる。TVなどのメディアに晒された場合の質問への対処方法についても教わる(これはメディア対応以外にも役に立ちそう)。たまたまなのか、5人の履修生のうち4人はinternational student。半期(Q1)のみ。週1回。

MKTG 754: Pricing Policy(0.5単位)
マーケティングの4Pのうち、pricingに焦点を当てたクラス。まずは最初のクラスに出てみて、場合によっては登録から落とすかも。後期(Q2)から。週2回。

LAW 613: Internet Law(1単位)
後期(Q2)から始まるロースクールの講座。「インターネットの中立性」の分野では有名な先生とのことで選択。本当はロースクールで著作権の勉強もしたかったけど、時間割が合わずに断念。ただ、ロースクールのクラスの運営方法なり必要な知識レベルが未知数でやや気になることろ。どうなることやら。週3回(!)なのがきつい、かも。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/10/10(土) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/313-39ab12f4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。