スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気持ちいいブレスト

シゲルコの戦略のクラスにおいてアサインされた最大の課題は、6人グループでの企業分析。分析の切り口はいろいろあるが、珈琲男のグループでは、スペイン発のアパレル企業・ZARA社が、創業から現在までの間に、いかに「活動システム(activity system)」を発展させ、そして「フィット(fit)」を実現してきたかについて。

「活動システム」なり「フィット」というのは、マイケル・ポーターが1996年に論文「What is Strategy?」で提唱した概念。彼が70年代終わりに提唱した「戦略ポジショニング」を補強するもので、「戦略ポジショニング」に対して80~90年代に対してなされた反論(「コアコンピタンス」など、特別な経営資源・組織内能力こそ模倣されにくく、従って企業が目指すべき戦略となる、という立場)に再反論を試みるもの。

ポーター曰く、戦略とオペレーションの効率化をごっちゃにしてはいかんぜよ、と。オペレーション効率を最大化するのはあくまで競争における必要条件。そして今やオペレーション効率を上げる手法は巷に溢れており、そこでがんばっても結局泥沼の競争になるだけでしょ、と。(ちなみにこの論文では、オペレーション効率の競争に陥りがちな日本企業には一部の例外を除いてほとんど(彼のいう意味での)戦略がないと批判している。)

そして競争戦略の本質は差別化であって、他社とは異った価値ある「戦略ポジショニング」を見つけ出すのがやっぱり王道だよ、と。

ここまでの議論は、実は以前にも一回書いたとおり。
http://coffeeman.blog59.fc2.com/blog-entry-231.html

ここからが、「活動システム」と「フィット」の話。

独自の「戦略ポジショニング」を選択するということは、それを支える企業の個々の活動と各活動間の関係を決めることにもなる

さらにポイントは、各活動が相互に補完し合うような「活動システム」を構築すること。なぜなら、競合他社は同じポジショニングで競争するには個別の活動だけではなく「活動システム」全体を模倣する必要が生じ、そして実際にそれは非常に困難であり、従って競争優位性が保たれるからだ、というわけ。個別の組織内能力より、企業活動全体の「フィット」の方が大切なんですよ、と。

この論文の最後で、ポーターはこういう。

Strategy is creating fit among a company's activities.
(戦略とは企業の活動の間にフィットをつくり出すことである。)


・・・ということで、ZARAチームの実質的に第1回目の打ち合わせは、「活動システム」のイメージ合わせから。珈琲男が持ち込んだポストイットにメンバーがバシバシとZARA社の活動を書き込んでボードに貼っていく。それをグルーピングして概念化し、他の活動グループと関連づけていく。これってこっちに繋がるんじゃないの?いや、むしろこっちでしょ、と典型的なブレストのノリ。

シゲルコ

ポストイット

ふと思ったのは、そういえばブレストって他の課題ではほとんどやってこなかったな、と。ブレストに適した課題(=最初のアイデア出しが重要なもの)って結構あったと思うんだけどな。例えばマーケティングでのwrite-upとか。まあ、1年目のあの常に切羽詰まった毎日では、チームで集まってじゃあブレストから入りますか、というノリにならないのは、今から思い返してもよく分かる。

ある程度心理的に余裕のできた2年目ならでは、そして、この課題に向けて今のところ前のめり気味なこのチームならではのこのブレストを、珈琲男としてはとても楽しんだ。

そうそう、このチームでは何とも不思議な縁も。スリランカ人のアンソニーは、実は珈琲男がかつて法務担当者として関わったある海外投資先企業のエグジット案件で、対象会社の株主が雇った投資銀行のチームの一員だった。とんでもなくぶっ飛んだ事件に満ちあふれたその案件をお互い忘れようもなく、その話でかなり盛り上がる。なんとも狭い世界だ。

ちなみに、ポーターの論文「What is Strategy?」は、この本の第2章に「戦略とは何か」として掲載されてます。

競争戦略論〈1〉競争戦略論〈1〉
(1999/06)
マイケル・E. ポーター

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/10/10(土) | MBA | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

珈琲妻

『No title』

ほんまや・・・!
ポーターのおじさん、ただのマイケル・J・フォックス似かと思ったら、
えぇこと言わはるやん!

>ポーター曰く、戦略とオペレーションの効率化をごっちゃにしてはいかんぜよ、と。オペレーション効率を最大化するのはあくまで競争における必要条件。そして今やオペレーション効率を上げる手法は巷に溢れており、そこでがんばっても結局泥沼の競争になるだけでしょ、と。

2009/10/10(土) 22:15:17 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/314-93c35b70
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。