スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初期の無名のGoogleがどうやって世界中の天才を集めたか、についての考察

最近ウォートンの枠外で人と連絡を取り合うようことが随分増えた。その中の一人が、珈琲男と同じタイミングでMITにMBA留学されている、Lilacさん。留学直前の大きな飲み会で少しお話させていただいただけだったところ、友人を通じて改めて紹介してもらった。MKさん、どうもありがとう

Lilacさんのブログがこれまた面白く、実は暇を見つけては覗かせてもらっている。最近の記事では、これが最高だった。

初期の無名のGoogleがどうやって世界中の天才を集めたか

以下、その記事のエッセンスの部分を引用。


1998年にGoogleを創業した、Larry Pageという男が、1999年、世界中の計算機科学の基礎研究に携わっている「天才」学生にアプローチしたらしい。
Larry Pageは、自分のいたスタンフォード大学の計算機科学の教授を5人、相談役として雇う。
その教授のネットワークで、「これは天才だ」という学生を見つける。
その全ての学生に、FedExで、スタンフォード大学の教授の手紙と、ファーストクラスの往復チケットを送る。
「是非あなたの研究について話して欲しい。パロアルトに来て話してくれませんか?」

まあ学生なら、スタンフォードの誉れ高い教授にファーストクラスのチケットを送られたら、行ってみるだろうな。
それで、Larry Pageと教授たちが「面接」する。
見事面接を通った学生たちが、本格的にアトラクトされる。
Larry Pageが、当時既に考えていた、検索エンジンの構想と、将来的にはデータマイニングの手法で、人々の生活の隅々まで入っていくサービスを確立する夢を語るのだ。

この方法で、世界中の「天才学生」にアプローチしていった、という話。


戦略論のことばっかり最近考えてるからか、ひょっとして検索ビジネスにおける乏しいリソースである「頭脳」を独占することで競争優位を確立する超ドライな競争戦略的発想か?なんてことを一瞬想像したけど、多分違うな、と思い直す。創業当時のグーグルが独占できるほど世界の「頭脳」は乏しくない。いやー、アタマのいい人ってホントにいっぱいいるもんだしね。留学してから本当にそう思う。

むしろこの話は、競争戦略論というより、人事戦略論で考えたほうがずっと面白いと思う。

つまり、いかにして才能ある(それもずば抜けた才能ある)タレントを引きつけ、動機付け、企業の目標と個人の能力や使命感をアラインさせるか、というイシューについて考えるいいネタなのではないか。

または、起業におけるチームビルディングの問題を考えるのにもきっといいネタだよね。もちろんLilacさんの関心であるところのイノベーション論と絡めて考えるのも面白いと思う(珈琲男にはまだその方面での知識が乏しいが)。

いやー、ホントに面白い話。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/10/20(火) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/324-c4fd48c8
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。