スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

陳健民の麻婆豆腐

ちょうど留学のための準備をしていたころ(そう、GMATやらエッセーやらだ)、隔週末に鎌倉から荻窪まで車を走らせたときがあった。職場の同僚の「おばあちゃま(同僚の家族からこう呼ばれていた)」の自宅で催される中華料理教室に参加するためだ。もちろん私ではなく、珈琲妻が。

なんでもこの「おばあちゃま」、四川飯店を開いた陳健民(料理の鉄人の陳健一の父親)の愛弟子さんだそうで、かなり本格的な料理教室だった(ように傍目には映った)。まだ歩くのもややぎこちない珈琲Jr.の相手をするのに手一杯で、私自身は料理ができるとそれをいただくだけだったが。

この料理教室で習得した料理のなかでも、その後珈琲妻の定番になったのが、麻婆豆腐。この何年か少なくとも月イチで食卓にのぼっていると思う。未だに何を入れているのかよく分からないが、中華街とかでしか手に入らないようなもの(「~ジャン」系のもの)をいろいろ使うらしい。いつも「おばあちゃま」のレシピを大事そうに見ながら作っている。

麻婆豆腐

麻婆豆腐2

麻婆豆腐3

そういえば、この料理教室を紹介してくれたその職場の同僚の旦那様が、当時ちょうどウォートンを卒業してとある戦略コンサルに就職されて間もない頃だった。お互い子供をあやしながら、なにやらいつも忙しそうにペーパーに目を落とされていたのを思い出す。

当時は自分がウォートンに来て彼の後輩になるとは想像だにしていなかった。麻婆豆腐をみてそんなことを思い出した。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/11/22(日) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/343-c49dba5f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。