スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何がMBAの学生をネットワーキングに突き動かすのか

Siggelkowk教授の戦略のクラスでのプレゼンが終わった。まだ最終ペーパーの提出が残っているものの、一つの区切りがついたと、プレゼンの打ち上げに繰り出す。スペインのInditex(Zaraを保有する世界最大のアパレル企業)が研究対象だからと、スペイン料理店としてフィリーで最高の評価を誇るAmadaを選択。

amada.jpg

MBA生活も残すところほぼ半年。人によって多少の差違はあるだろうけど、多くの学生にとってのこのタイミングでの最大の関心時に、「知り合いの数 X 関係の深さ」を最大化することが挙げられる。時としてネットワーキングと呼ばれる活動だ。こんな魅力的な集団に、利害のコンフリクトなく、一気に出会えるのは一生のうちでもう最後の機会だろうから、勉強もそこそこにネットワーキングに関心が向くのもよく分かる。

もちろん結果としてここでの人的ネットワークがビジネス上の利益につながることもあるだろう。でも、それを純粋な目的としてネットワーキングをとらえているの学生は意外と少ないのではないだろうか。むしろ単純に、人生が豊かになるような感覚が学生をドライブしているように自分には感じられる。残された時間の価値を改めて考えさせられた晩だった。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/12/04(金) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/358-1ea4b491
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。