スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インターネットの規制をめぐる考察(7)

またちょっと違う話題を。

これはペン大のメインの図書館内部。ほとんど足を踏み入れないけど、先日チームでのミーテイングがここで設定されたから久しぶりに入館した。

IMG_0347(変換後)

200メートはあろうかという横長の建物に収容された数々の書物。本棚の回廊をずっと歩いて指定の部屋に向かう間にすっと考えていたのは、あの古びた本に最後に人が触れたのはいつなんだろう、ということだった。3年前かもしれないし、30年前かもしれない。そして、次に触れられるのはいつなのか。もしかしたら30年先なのかも、場合によっては永遠にやってこないのかも知れない。

この膨大な知識の蓄積将来的な検索可能性の保証こそ、大学図書館が伝統的にもってきた価値なんだろう。

今となっては、随分と無駄に思える。もちろんその価値そのものではなく、その実現方法がだ。保管スペースの無駄、紙(パルプ)という資源の無駄といった物理的な無駄も大きいが、なによりせっかくの情報がそれを必要とする人に容易にリーチしないという検索可能性の非効率という無駄が大きい。自分が既に死んでいるとして、自分が全身全霊を注いで問うたテーマが文章化されているとすれば、それを大学図書館の片隅の本棚に残すよりも、誰もが検索できる電子的な形で保管することを自分なら望むと思う(自動的に翻訳されてそれが言語の限界を超えて世界の人々に読んでもらえるなら、なお素晴らしい)。グーグルの電子図書化の取り組みはまさにそんな問題意識から出てきたものだろう。

逆の方向での議論もある。

著作者の創造性を発揮するインセンティブが減じられることが著作権を正当化する論理だとされる。いきなりパクられる可能性があるなら、なんでそもそも創作活動などに関わるんだよ、と。そして、著作物を電子的に保管して検索可能性を担保するなんて、この著作権の侵害を助長すること以外のなにものではない、と、続く。

これもまさにトレードオフの関係だ。そしてそのトレードオフの関係は、ユーザの需要の変化とテクノロジーの進化によりダイナミックに変りつつある法律や規制はある一時点のトレードオフの関係における取引を安定的に行うことを保証するが、ダイナミックな変化における新しい均衡の成立を阻害する要因にもなる

ネットの中立性とともに、実は著作権も勉強しておきたいテーマの一つ。ロースクールで取ろうと思ったが、時間割があわずに断念した。この冬の間に何か一冊でもちゃんとした本を読もうと思っている。

(続く)
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/12/17(木) | インターネットの規制をめぐる考察 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

Rion

『著作権』

一冊ならSuzanne Scotchmer, Innovation and Incentivesで。

2009/12/17(木) 17:16:22 | URL | [ 編集]

珈琲男

『ありがとうございます』

早速アマゾンのお気に入りに入れてみました。ありがとうございます。

しかしRionさんって、知恵の泉みたいですね。私はビジネススクールでの経験を通じて、どっちかというと知恵の泉を探してそこから水を飲む要領だけがどんどん上手になっているような気がします・・・。

2009/12/17(木) 18:04:43 | URL | [ 編集]

Daiquiri

『No title』

おそらくロースクールで著作権法をがっつり取るとUS specificな話が多いはずなのでどこまで役に立つか微妙な半面、結構大変はずなので、取らないという選択は賢明な気がします、笑。少し変わり種ですが、著作権をどうやって改正すればいいのか?というアプローチに関連して、授業でこれを読みました↓。Lessigのアプローチを取ろうとすると、条約等にも手を出さなければならず、現実的にどうなの、というところはあるのですが、読み物としては一番面白いと思います。

-William Fisher's chapter 6 from Promises to Keep: http://cyber.law.harvard.edu/people/tfisher/PTKChapter6.pdf

-Rebecca Tushnet on self-organized formalization of customs and norms. http://www.tushnet.com/law/usergenerated.pdf

-Larry Lessig Remix(253-289 if not all), http://www.bloomsburyacademic.com/pdf%20files/Remix.pdf

あと、著作権の話ではないのですが、Google Book Searchの件だと↓を紹介しておきますね。
http://www.law.harvard.edu/faculty/elhauge/pdf/Elhauge_646_Revised2.pdf

2009/12/20(日) 01:38:48 | URL | [ 編集]

珈琲男

『ありがとうございます』

そうですね。ただでさえ今期は(も)ウォートンの授業が詰まってたので、これにさらに著作権を取ってたら相当大変だったかもしれません。いろいろ文献のご紹介ありがとうございます!月曜日の試験を終えたらゆっくり拝見させていただきます。

2009/12/20(日) 09:38:16 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/370-ff79bda2
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。