スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

選択しなかった選択肢

数学者のHさんと二人で飲んだ。彼の最新の研究の概論を解説していただき、生意気にもそれに対して挑戦もしてみた。お世辞にも面白い視点だといっていたただいてちょっと嬉しかった。

いろんな人と付き合えば付き合うほど、自分が知らなかった概念や知見に触れるほど、自分が人生において結果として何を選択しなかったかが分かる。自分は数学者になるという選択をしなかったし、建築家になるという選択をしなかったし、作家になるという選択をしなかった。それらに挑戦した結果、実現したか、大成したかは別にして、選択しなかった選択肢を今更ながら知る日々を過ごしている。自分がその時々において発想できた選択肢の狭さを実感する日々だ。

少なくとも発想としては選択肢を狭めてはいけない、選択肢を広く取るべきだ、という思いは、留学を通じて得られた最大の知見のひとつだ。

選択しなかった選択肢で最大の価値を機会費用という。自分にとっての様々な機会費用は、発想できた選択肢の幅の広さに依存する。留学期間は、自分のこれまでの機会費用の小ささを日々実感する日々だといってもいい。過去へのちょっとした後悔と未来への期待が交錯する日々だ。

(酔った勢いで書いてみた)
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009/12/31(木) | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/384-bcabbad6
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。