スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デジタルネイティブ

家で翌日の授業の予習をしてたらskyeに珈琲妻のアカウントからチャットが飛んできた。

okXXXdoyouwanttocometomyhouse

とある。一瞬なんだと思うが、これが実は

ok XXX do you want to come to my house

だと分かるまでには大して時間はかからない。最近文章を書くのに凝っている珈琲Jr.が単語の間にスペースを空けることをまだ知らないからだ(親も先生もわざわざ積極的に教えてないから)。ちなみにXXXは彼が大好きな女の子の名前。隣に住む女の子からのお下がりのラップトップPCを模したバービーのおもちゃを使い倒しているから、キーボードの入力もお手のものだ。

レゴ好きの彼は毎日、珈琲妻のMacBookのブラウザを立ち上げて"lego"をググり、トップの検索結果をクリックしてレゴのホームページで来年サンタさんにお願いするモデルを選んだり、簡単なゲームで遊んでる。

iPhoneは更に自在に操り、Podcastでダウンロードした鉄道番組を眺めたり、あちこちで写真を撮りまくってはその写り映えを確認してる。Appleのユーザインターフェースの質の高さはこんなところからもよく分かる。

「デジタルネイティブ」なる言葉をこっちに来てから知ったけど、珈琲Jr.を観察しているとなるほどと思わされる。ただ、今の段階ではまだ単に紙と鉛筆がノートブックに、紙のカタログが電子カタログに、といった同じ機能を実現するための手段の単純な置換があったに過ぎない。実質的な変化は、まだない。

次のステップは、友達やより広い世界とのコミュニケーションだったり、以前では考えられなかった範囲での情報検索だったり、デジタルコンテンツを組み合わせて何かを作り出す創造的な作業だったりするのだろう。これらは我々が子供時代には実質的にはなかったものだ。これらが子供に与えることのインパクトを想像するのはかなり楽しい。もちろん、いろいろ心配なこともなくはないが。

最近、非常にお年を召された教授がこんなことを授業中にコメントしていた。「しばらく前までは授業中はケータイやPCをしまいなさい、なんて言ってたけど、もうそんなことをいうのは止めたよ。君たちの世代では同時並行的に作業をするのがもうごく当たり前のことになっているわけだからね。その新しい流れに逆らってもしかたないと思うよ。授業の内容に関わることをリアルタイムに検索することだってあるだろうしね。」

デジタルネイティブでない学生でこれだから、珈琲Jr.が学生になるころの教育機関や彼らを顧客とした企業としては、知恵と柔軟性が随分と求められることだろう。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/01/21(木) | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

Daiquiri

『No title』

http://cyber.law.harvard.edu/research/digitalnatives#

↑こんなプロジェクトもありますので、一応、紹介しておきますね。

2010/01/29(金) 11:33:37 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

いつもいろいろ紹介していただき、どうもありがとうございます。これも面白そうなプロジェクトですね~。デジタル化された後の世界に生まれたからといって子供が一様に"digital native"になるわけではない、というのはもっともだと思いました。

2010/01/30(土) 11:09:00 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/391-64e3d4b0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。