スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ストームのなかバッファローウィングを食らう(North Third)

日本人同期でも無類のバッファローウィング好きのMラノによるナイスな企画。Philadelphia Magazineの特集でフィリー最高のバッファローウィングを提供するとされた、North Thirdへ。センターシティから少し離れているため(3rd St.を北へ1キロほど)、タクシー2台に分乗して向かう。晩から未明にかけて超大型ストームの予報。すでに小雪が舞っている。

そんな天気予報もものともせず、19時というのに店内は既に満席状態。10分ほどバーで飲んでテーブルに案内される。

バッファローウィングはノーマルなものとアジア風(甘辛風)の味付けのものと2種類。どっちも相当レベルが高い(vis-à-vis フィリーの他の店のもの)。

north third_1

ちなみにバッファローウィングとは、手羽先の素揚げにスパイシーなチリソースを絡めたようなものこんな感じ。ブルーチーズが混じったサワーソースにつけて食べる。ニンジンとセロリのスティックが一緒に出されることが多い。バーに行けば酒の肴としてほぼ確実にメニューに載っている。アメリカが生んだ飯の中で唯一旨いと思えるものだ。ちなみに、動物のバッファローではなく、NY州バッファローにあるとあるバーが発祥なのだとか。

North Thirdは単なるバーというよりは、アメリカンなビストロ・バーとでもいう雰囲気。飲んで騒ぐためというよりは、飲みつつもがっつりと食事をしに来るのにいい感じ。飯はどれも結構美味しくて、Best of Philly 2006 Bar Foodにも選ばれてるらしい。周りにも意外にバーとかが多くて、フィリーの奥深さを知る。

さんざん馬鹿話をして店を出るとすっかり雪に覆われた街。

north third_2

タクシーも呼べず。凍死覚悟で2nd St.の真ん中をとぼとぼ歩いていたら、たまたま通りがかりのタクシーが。半ば強引に止めて5人で有無を言わさず乗り込んでなんとか家路につく。

North Third
★★
801 N 3rd St
Philadelphia, PA 19123
(215) 413-3666
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/02/06(土) | レストラン・カフェ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

茶太郎母ちゃん

『No title』

チリソースにブルーチーズにサワークリーム?
スイマセン、私食べたことなくて味の想像がつきません。
ぜひ食べてみたいので、本場レシピを仕入れて村の民に
振舞って下さいましm(__)m
でも大雪の夜にわざわざ出掛けて行くってのは…
凍死しなくて良かったですね。

2010/02/08(月) 17:57:49 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

いやー、これまいうなんです(あ、そういえばパパイヤ鈴木が減量したそうですね)。村の皆様に振る舞えるよう、珈琲妻にお願いしてみます・・・。

2010/02/08(月) 18:03:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/398-f468cbf4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。