スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Google スーパーボウルCMデビュー

ディナーに誘ってくれた友人宅で、スーパーボウルをしばし眺める。アメリカ最大(とか世界最大)とかいわれるこのスポーツイベントも、いかんせん同席した誰もがそもそもアメフトに大した興味がないから、BGMとして流れてたJazzと同じかそれ以下の扱いしか受けてなかった。そんななか、みんなが一瞬おっと注目したのが、GoogleによるこのCM



なんでGoogleが今さら検索サービスのCMを大枚はたいて(まあGoogleにとっては一枠で数億円という金額も大枚でもないかもしれないけど)流すわけ?というのがその場でのみんなの反応だった。売り出し中のNexus Oneならまだプロモーションしたいという意図がストレートでわかるけど。

フランスに留学することになった(アメリカの)男の子が、ルーブルのカフェで出会った女の子に恋をして、長距離恋愛を経てパリで仕事を見つけ、パリの教会で結婚式を挙げて子供ができる("how to assemble a crib" = ベビーベッドの組み立て方)、という一連のストーリーを、Google検索とその結果の表示という形式だけでつづっていくもの。

しかしアメリカ人ってフランスに対する憧れがあるよね。french girlってアメリカの男の子にとって何か特別な響きをもつらしい。ビールとピザで腹を満たしつつスーパーボウルを見てるのはまあ大半がアメリカ人男性だろうからね。

この柔らかい雰囲気のCMの狙いって、日々その影響力を強めているGoogleの、ともすると邪悪な存在だと思われる要素を中和して、ポジティブなブランドイメージを保とうというあたりにあるのだろう。通常のweb検索に加えて、GoogleマップやGoogle翻訳も駆使されてるけど、ここでGoogleブック検索やストリートビューにまでいかないのは、この狙いを踏まえればよく分かる。それに右側のスポンサーリンクも一切表示されないしね。

what are truffles(トリュフって何?)
who is truffaut(トリュフォーって誰?)

という洒落が笑える。

バックに流れる音楽もいいよね。なんていう曲なんだろう?
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/02/08(月) | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

Lilac

『今年のSuper bowlは』

このCM私も見ました。ネット広告の最大手であるGoogleが、Super bowlなんて最もTraditionalなマス広告で自らを宣伝するというのが非常に面白いと思いました。
日本でもCM始まってるんですよ。

それにしても今年のSuper BowlはPhillyの人にとって痛恨だったんじゃないでしょうか?
一度もSuper Bowlに出たことも無い宿敵(?)が、自分たちにとっては悲願のSuper Bowlでいきなり優勝しちゃうんですから・・・。
ビギナーズラックならぬ、こういうことってあるんだなあ、と思いました。

2010/02/21(日) 22:48:40 | URL | [ 編集]

珈琲男

『レッドソックスがやってきますよ』

日本でもCMをはじめてるのは知りませんでいた。確かにグーグルがマス広告っていうのは面白いですね。

まわりのイーグルスファンはやっぱり結構悔しがってましたね。私も一度くらい生で見に行きたいと思っていたのですが、最上階の席で100ドルを超えちゃうような値頃感なので、ちょっと躊躇してしまいました。その点ベースボールは安くていいですね。そうそう、5月下旬はレッドソックスを迎えての3連戦があります。チケット取ろうと思って待ち構えていたのですが、発売直後に即完売。うーん、観に行きたい。

2010/02/23(火) 01:10:58 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/400-0cc83c26
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。