スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Discretionary Effort

先日紹介したHR戦略の授業で中心的に扱われたコンセプトのひとつに、"Discretionary Effort"というものがあった。自発的な・自らの自由意志による努力、といったところか。

要するに、企業が特別な金銭的インセンティブや大がかりな監視・監督体制を導入せずとも、従業員が自発的に能力を発揮しようとすることをいう。報酬やモニタリングに要するコストを抑えつつ、従業員が自発的に為すべきことを為そうとする組織を作り上げるのはものすごく難しい。難しいがゆえに模倣することが非常に困難になり、長期的な競争優位の源泉になる。

ちょっと前に開催された毎年恒例のPhilly Fight Nightの写真を眺めていたら、またこの"Discretionary Effort"を思い出していた。学校の関与など一切なく、金銭的メリットなどまるでないのに、ここまでのパワーを生み出してしまうこの集団。

PFN1.jpg

PFN2.jpg

PFN6.jpg

PFN5.jpg

人生最後のわずか2年の学生生活という刹那性や、そもそもこの手のイベントに熱を上げやすい種類の人間が多く集まっているといったMBAの特殊要因ももちろんあるだろう。

でも、ウォートンでの2年間を振り返ることで、監視や金銭に頼らずとも熱狂する集団を作り出しうることを、この先の人生で何度も思い出すような気がしている。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/03/13(土) | MBA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/408-231306dc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。