スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

後輩と卒業後の自分へのメッセージ

先日、ウォートンの一年生の方々が我々二年生の送別会を開いてくれた。家族も含めての温かな時間。

この一年近く、一年生の皆さんとは本当にいいお付き合いをさせてもらった。会長を務めさせてもらったジャパンクラブの運営ではいろいろと助けてもらった。たまたまウォートンでは日本人学生の先輩・後輩という形式ではあったものの、むしろ同じ時・同じ場所で過ごした「同士」「戦友」というのが素直な気持ち。

いろいろお世話になった感謝の気持ちを込めて、ウォートンでの残りの最後の一年をよりよいものにしてもらうための、ごく個人的な応援の言葉を、送別会のあとでメールさせてもらった。全て自分ができたことというより、できなかったことに対する反省も含めて、この2年の経験を振り返って選んだメッセージ。

● やるかどうか一瞬でも迷うことがあったらやるという判断をして大筋間違いない。やって後悔するよりやらずに後悔することのほうが多いのがウォートンMBA。そしてやるかどうかの判断にほとんど時間が与えられないのがウォートンMBA。歴代の卒業生の誰に聞いても何かをやって後悔したとはいわないはず。逆に、やらずに多少の後悔の念の抱えるのが大多数(だと思う)。最後の一年間、何かをやれる機会はまだまだ沢山ある。

● 最後に残るのはシンプルな評判。いい奴、できる奴、頼りになる奴。細かいことなど時間が経ったらみんな忘れる。でも、ざくっとした評判はきっと残る。人生の資産にもなれば負債にもなる。一方で、どんな評判を築けるかはそんなにコントロールできるものじゃない。その時その時で最良の判断をすること、人を大切にすること、嘘をつかないこと、自分が得意なことをすること、不得意なことは回りにさくっと頼ること。あとは勝手に評判ができるに任せるしかない。

● 人との新しい出会い、これまでの出会いのメンテナンスに貪欲に。日本人かどうかを問わず、卒業が近づけば800人が最初のプレタームに戻ったかのような動きをし出すもの。だったらそれを待たず、最後の一年を通じて出会いを大切にしたほうがずっといい。広くか深くかはお好み次第。私はキリスト教徒でもないけど、大使館に勤めていたときに仲のよかった人から教えてもらった聖書の言葉をいつも大切にしてます。"Do not neglect to show hospitality to strangers, for by this, some have entertained angels unawares."

● 何でもいいからメッセージを外に出してみるといいことが起きる、ことが少なくない。ブログありtwitterありの、広く自分を発信するコストが劇的に下がっているご時世。提灯を外に出しておけばいいお客さんが入ってきてくれるし、提灯をもって他の店に入ることもできる。提灯がちゃんとしてれば変なお客は実はあんまり入ってこない。


そのエッセンスは、もちろん卒業後の自分自身に向けたメッセージでもある。

一ヶ月後、自分はもう日本にいるはず。いろんなことを忘れるのは本当に簡単だ。大切なことを忘れない努力をしたい。ブログを続けてきた動機にはそんな気持ちが含まれているけど、卒業を間近に控え、留学での学びや気づきを心のうちに長く留める努力をしたいと強く思う。

送別会(変換後)
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/04/28(水) | MBA | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

yoshi

『No title』

「最後に残るのはシンプルな評判」。この言葉肝に銘じたいと思います。仰る通り評判って日々の小さな行動の積み重ねで構成されるものだと思います。残り1年はあっという間と皆さんも仰るので「評判」という意味ででも1日1日を大事にしたいと思います。

2010/04/30(金) 08:55:15 | URL | [ 編集]

珈琲男

『No title』

Class of 2010のconvocationはNakahara教授がスピーチをされて、MBAの2年間で大切にすべきものとして挙げられた3つめが、この"build your reputation"だったんだよね。

http://coffeeman.blog59.fc2.com/blog-entry-12.html

正直にいって、この800人の集団でこれを目指すのはとても大変なことだと、2年を振り返って思います。でも、MBAのはじまりにこの言葉を贈ってくれたNakahara教授は、やっぱりすばらしい先生だと思う。

残り一年、yoshiにとっての最高のreputationを築いて卒業して下さい。海の向こうから応援してます。

2010/05/01(土) 14:05:06 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/439-ba7c2216
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。