スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィリー最後の数日(2)

毎日最低一回は顔を出していた近所のカフェにて、オーナーのDavidと。

最後の日々10

留学最後のフィリーズ観戦。悠梧もすっかりフィリーズファンになってしまった。前日は松坂の前に8回2死までノーヒットに抑えられていたフィリーズ打線はこの日も沈黙。慧梧はいつでもどこでも寝て暮らす毎日。フィリーの記憶なんて全くないんだろうな。彼、アメリカ人でもあるのだけど。

最後の日々7

試合観戦後、自宅での最後のパーティ。家族も含めて20人くらいが来てくれた。そして最後のバッファロー・ウィング。このアメリカが誇るB級グルメを世に送り出したAnchor Barから、調理済みのものを取り寄せてみた。確かに旨い。翌朝、最後のゴミ出し。フィリーはリサイクル/それ以外の2分類のみのシンプルさ。これが鎌倉に戻ったらゴミの分類は10を超える。アメリカでこれを強制するのはまず無理な相談。

最後の日々8

早朝からセンターシティでもろもろの用事を済ませて家に帰る途中に見えた市庁舎。結局一度も登らなかったな。てっぺんに立つのはベンジャミン・フランクリン、ではなくて、ウィリアム・ペン。フィラデルフィア市の建設者。

最後の日々9
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010/05/25(火) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/455-b0469e74
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。