スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーキングホリデー

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Harlem, New York

NYはHarlemでの夜を過ごしている。

今日の午前中のクラスをもってThanksgiving Break(感謝祭休み)に入ったため、午後にPhiladelphiaが誇る巨大建造物でもある30th Street StationからAmtrakに飛び乗って、家族でNYへの小旅行に出かけたというわけ。アメリカではThanksgivingに人が最も移動するといわれているだけに、確かに駅は普段以上に混雑していた。

サイズ変更済みイメージ 1

このNY小旅行にあたっては、以前の職場の同僚だった同い年のモロッコ人の友人が、Harlemに購入した彼のアパートに泊まりなよと声を掛けてくれた。彼自身は中南米に遊びに行っていないから、どうぞご自由に、ということだ。NYでの宿泊費は本当にばかにならないから、彼の言葉にありがたく甘えることにした。今その彼のアパートでこのエントリーを書いている。珈琲男の横では、エスニックな布に覆われた低く長いソファーと不思議なマスクや水たばこで埋め尽くされたこの部屋に慣れない珈琲男Jr. が、興奮して寝付けずにのたうち回ってる。いやー、しかしいい部屋だ。まさにこれを独身貴族というのだろう。(補足:Harlemは90年代の再開発を経て以前の暗いイメージはもはやなく、最近では結構いいアパートが沢山出来ているようです。)

ちょうど一年前の11月、MBA受験のまっただ中にあった珈琲男は、キャンパスビジットと面接のため、まさにこの部屋に何泊かさせてもらっていた。あの頃は、何しろ重い仕事をこなしつつ、際限なくエッセーを書き直したり、面接の準備をしたりと相当しんどかったな、と思わず遠い目になる。そういえば、Philadelphiaの街とWhartonのキャンパスを初めて訪れたのも、彼のこのアパートに滞在中に、小雨降る中NYのPenn StationからAmtrakに乗って行ったんだったな。

今回のNY滞在では、見事に一つの予定も立てていない。決まっていることといえば、珈琲男Jr.の好物であるラーメンをどこかで食べることだけ。ちなみに彼に行きのAmtrakのなかで、「電車に乗ってどこに行くか知ってるか?」と聞いたら、「うん、ラーメン屋さんでしょ?」と澄まして答えてたな。どのラーメン屋が旨いのか調べなきゃ。

4日間のThanksgiving Breakが明けるといよいよQ2の期末試験が待ってる。ってついこの間Q1の期末だったような気がするけど。ということで、小旅行といっても完全に旅行モードになれる訳もなく、珈琲男のバックパックには当然のように読み物が詰まっているのでした。
スポンサーサイト
[PR] 台湾ワーキングホリデー

2008/11/26(水) | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeeman.blog59.fc2.com/tb.php/83-34b31de4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。